Copyright(C) KUMAGAI Tsuyoshi

 

■シリーズ「集合した粒子が総体として経験する錯覚」の chapter 3にあたる作品展「ひとはすんだらおやまさえぐ」は、先週末をもってお陰様で無事に終了いたしました。ご来場いただいた方々はもちろん、気にかけていただいた方々に御礼申し上げるとともに、ギャラリーターンアラウンドの多大なサポートに深謝いたします。

■今回は「空間」というものをいつも以上に強く意識した展示にしました。この演出に対するフィードバックを鑑賞者の方々からいただくことで、本シリーズ全体の輪郭がより鮮明になってきたように感じています。ありがとうございました。

■今回の chapter 3 のスピンオフとして、3月にせんだいメディアテークで開催予定の写真家グループ集団仙台写真展に「んだがらおやまさあいにいぐなだ」を出展する予定ですが、本編としては残すところ4月に予定している epilogue のみとなります。着地点はおぼろげに見えてきたような気がしていますが、制作過程の中でどんなかたちに具現化されていくのか、不思議なことに他人事のように楽しみにしている自分がいます。作品が、その制作過程が、私自身をどこに連れていくのか、引き続き見守っていただけますと幸いです。

2021年1月29日