Copyright(C) KUMAGAI Tsuyoshi

 

 このたび、2020年の初めから取り組んでいるシリーズ「集合した粒子が総体として経験する錯覚」のchapter 3にあたる作品展「ひとはすんだらおやまさえぐ」を次のとおり開催する運びとなりました。

 

 場所:ギャラリー ターンアラウンド(仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1F)

 日時:2021年1月19日(火)~24日(日) 11:00~19:30(最終日17:00迄)

 

 本展では、いわゆる「死後の世界」に思いを馳せたときに立ち上がるひとつの典型としてのイメージへのアプローチを試みます。そのための装置は、写真作品と映像作品で構成された空間です。ここでのイメージとは広い意味、つまり視覚はもちろん他の感覚も動員して感じるもの全般を指しています。そしてこの試みの先には、いままさに「生きている」と我々が感じているこの現象を、主観と客観を往来しながら多角的に捉え直すという狙いがあります。

 なお、会期中は会場内の映像に伴う音とは別の音源をYoutubeで配信しますので、Youtubeを視聴できる携帯端末をお持ちの方はイヤホンと一緒に持参いただくと、ご自身のペースでより多角的に鑑賞することができます。